ツクイヨシヒサの「必筆!仕事人」

マンガ評論家&ライターのツクイヨシヒサによるブログです。酸っぱいブドウの酸っぱさについて、主に語っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

声優さん連載インタビュー


     hero1609


vc-1vc-2vc-3



『月刊ヒーローズ』連載中の本格声優マンガ「ボイスカッション」に連動する形で、
有名声優さんたちのインタビューを毎月、連載しています。

これまでご登場いただいたのは、

・潘めぐみ さん(アルテイシア、ゴンなど)

・小野友樹 さん(東方仗助、火神大我など)

・関智一 さん(ドモン、スネ夫、ウィスパーなど)

・長沢美樹 さん(伊吹マヤ、クリームパンナなど)

・小西克幸 さん(男鹿辰巳、カミナなど)

・山口勝平 さん(犬夜叉、工藤新一、ウソップなど)

・柿原徹也 さん(ナツ、シモン、ガルマなど)

・茅原実里 さん(長門有希、南千秋など)


すごい豪華なラインナップですよね。毎回インタビューさせてもらうのが楽しみです。

お話された内容は、コミックスにも収録されています。
ほかでは聞けないネタが、あるかもです。




  

「スター・ウォーズ」記事を書きました。@「アエラ」


a-sw1 a-sw2


発売中の 「アエラ」2015年 12/21号 、「スター・ウォーズ」特集にて原稿を書きました。

「30年超のシリーズを10分で読み解く」という、
どう足掻いても誰かには怒られるであろう、無謀なミッションに挑んでおります。

執筆中、ファミレスで関連書籍を山積みしていたら、隣の若いカップルが
女子「スター・ウォーズ、またやるんだよね。観に行こうよ」
男子「観たことあんの?」
女子「あるけど、よく覚えてない。何か主人公が闇堕ちしてた」
などという会話を始めました。

あのときの彼女に、ぜひ読んでもらいたい記事です。

ちなみに今号は、表紙も「スター・ウォーズ」。
ドロイド3体が表紙を飾るのは世界初&「アエラ」独占だそうです。

「進撃の巨人」記事を書きました。@「アエラ」


 aera-kyo4aera-kyo2aera-kyo3



「アエラ」(朝日新聞出版)2015年 8/3 号にて、「進撃の巨人」特集の記事を書きました。

〝進撃の巨人現象〟に隠されたファン心理と、識者の方々の見解などをまとめた分析のほか、
巨大仏やゴジラなどを引き合いに「なぜ人は大きなものに魅入られるのか」といったコラムなどを書いています。

個人的には、〝グロテスクで残虐なバトルもの〟であるこの作品が
「なぜ10〜20代の女性たちに支持されるのか?」という疑問を常に抱えながら
各方面に取材していたのですが、早稲田大学文学部・大学院教授の高橋俊夫先生による
「解決不可能性の連鎖が物語になった作品だから」という指摘は、かなり腑に落ちました
(詳しくは記事のほうを読んでいただければと思います)。

あと、記事には書かなかったのですが、やはり高橋先生が仰ったセリフの中に
「進撃の巨人は〝現象〟にはなっても、ガンダムやエヴァのような〝世代〟は生み出さない」
というのがあって、とても印象に残りましたね。
何となく肌感としてわかるところ、あります。


「BBC らぼ」が第50回を突破。


 6c7d783d.jpg

 野球マンガ談義「BBC らぼ」
 (http://bbc-lab.seesaa.net/)


iTunes でも配信中のポッドキャスト「BBC(ベースボール・コミック) らぼ」が、
今週でめでたく節目の第50回を迎えましたー。パチパチ。
これも聞いてくださっているリスナーの皆様のおかげです。


記念すべき50回目は、新アシスタントのオオイメイちゃんとともに、
PL学園出身の元高校球児・なきぼくろ先生が描く
「バトルスタディーズ」(part.1)について、
例によって調子よく語っております。


 bbc-ga


よかったら聴いてやってくださいー。



ガンダムの記事を書きました@「アエラ」


aera-ga1

aera-ga2



「アエラ」(朝日新聞出版)2015年7月27日増大号にて、「機動戦士ガンダム」特集の記事をいくつか書きました。

正直、「ようやくガンダム(の仕事)まで辿り着いたなぁ……」という気持ちです。


ガンプラの聖地・バンダイホビーセンター(静岡県)へ取材に行けば、
「初めてのガンプラ(リック・ドム)を買ってくれた、父方の祖母はもういないんだなぁ」とか、

ガンダム世代の精神性に迫るコラムを書けば、
「昔はコンスコンやマ・クベの部下になるのはイヤだと思っていたけど、
 今はアムロやジーンみたいな部下を持つほうが面倒だと思っているなぁ」とか、

いろいろ思い出したり考えながら仕事ができて、本当に楽しかったです。


特に、ナマ富野監督に会えたことは衝撃的でした。

「や、やはり……実在していたのか!?」と(笑)。


これからも機会があれば、ガンダム仕事をやっていきたいです。



tsu-c2-2



   
【 ツクイヨシヒサ 】


マンガ評論家&ライター。1975年生まれ。書籍、雑誌、ムック、インターネットなどで活動。

●ツイッターはこちら↓ https://twitter.com/tukui88

●執筆・取材・講演依頼等のお問い合わせは、下記の【メッセージ】フォームよりお気軽にどうぞ。ご意見・ご感想もお待ちしています。

●著書「あだち充は世阿弥である。──秘すれば花、『タッチ』世代の恋愛論」(飛鳥新社)発売中。

  


●編著「ラストイニング 勝利の21か条 ─彩珠学院 甲子園までの軌跡─ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)」(小学館)発売中。

  


メッセージ

名前
メール
本文