ツクイヨシヒサの「必筆!仕事人」

マンガ評論家&ライターのツクイヨシヒサによるブログです。酸っぱいブドウの酸っぱさについて、主に語っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

2007年11月

新井よ、オマエもか

シーズン中、Bクラスが定位置になって久しいカープですが、
ファンにとってそれ以上に毎年、厳しいのがストーブリーグの季節。

とにかく貧乏球団なので、

1、ドラフトで注目選手を指名できない。
2、年俸交渉の額が低いので目立たない。
3、補強をしないので話題がない。

とまったくいいところがなく、不安な気持ちのまま2月になりキャンプイン。
  ↓
ブラウン監督になって緩和されたものの、キャンプ中は
「カープのキャンプは練習漬けの毎日です」みたいな話題だけがチラホラ聞こえるようになる。
  ↓
開幕を迎え、シーズン序盤こそ好調だが、
中盤頃から故障者続出(キャンプの疲労が原因のような気がしてならない)。
  ↓
Bクラス転落。シーズン終了。不毛なストーブリーグに突入。


福本伸行のマンガに出てきそうな悪魔のループです。。。



まさに引き立て役・・・! 這い上がれない、一生・・・!!




みたいな。



前置きが長くなってしまいましたが、カープファンにとってストーブリーグが
キツイと感じるもう1つの理由が、ほかならぬFA制度。

エース・黒田のメジャー挑戦に続き、今日、4番の新井が球団を去る決意を発表しました。

ちなみに1994年以降、カープでシーズン通して
もっとも4番を打った回数が多い選手を歴代で並べてみると。。。

 1994年~99年 江藤
 2000年~02年 金本
 2003年~04年 シーツ
 2005年~07年 新井


残ってねえ! 誰ひとり!! Σ( ̄□ ̄;)ガーンッ



金がないだけでまるでクズ扱い・・・! 養分・・・勝たなければ結局、誰かの養分!!



みたいな。


しかも新井の場合、ファンの感情を逆撫でする要素がいくつもあるんですね。

・去年「生涯カープ宣言」を自ら口にしている(勝手に反故にするな!)。
・ドラフト6位入団である(大学通算本塁打2本の男をキングに育てた結果がコレか)。
・守備でエラーが多く、チャンスで三振が多かった(我慢して使った結果がコレか)。
・選手会長を務めていた(チームの今後を考えないのか)。
・広島出身で、小さな頃からカープファンだった(その気持ちはウソだったのか)。
・駒澤大学卒業である(次期監督候補の野村謙二郎の後輩、昨年の新人王・梵の先輩)。
・会見で「カープが好き」「出たくて出るわけじゃない」とナミダ(賛否両論)。

などなど。

今年2000本安打を記録した前田は、FAを獲得したとき「自分には関係ない」と言い切って漢気を見せてくれました。

それがカープ魂だと思ってたのに。。。


いかん、何を言ってもグチになってしまいそうだ。

まだまだ話したいことはあるんですけど、それはまた別の機会にします。

ガンバレ、カープ。

『クローズ ZERO』を観た

crowszero.jpg


前の日記でも書いていた『クローズ』の映画版が始まったので、観てきてました。


この手の実写化は、『BE-BOP~』を筆頭に
『湘南爆走族』『シャコタンブギ』『名門!多古西応援団』『今日から俺は!』……と、
挙げていけばキリがないわけですが、この『クローズ ZERO』はかなりよかったと思います。

雰囲気出てましたよ、原作の。
相変わらず三池崇史監督のクライマックスはムリがありますけど、
全体のデキはかなりよかったんじゃないでしょうか。

●主によかった人

 ・海老塚三人衆(ポン・マコ・ヒロミ)……マコの髪型はともかく、三人の存在感が原作に似ていた。
 ・三上兄弟 ……実際、道で会いたくない感じがよかった。今どき過ぎないヤンキールックが逆にマル。
 ・牧瀬 ……主人公・源治の右腕。この人はホントに原作にいそうなイカつい顔。よく見つけてきたなあと感心。
 ・拳さん ……やべきょうすけ氏は、平成の火野正平ですな。
 ・リンダマン ……実写はどうかと思ったが、似てた!

というわけで、原作に出てきた人物がうまく劇中にハマってたのはよかったですね。
だいたいがそのイメージの違いで引くわけですから。

ただし、1点とんでもないヒドイ部分がありました。

たぶんコレを観た人は全員そう思うんでしょうが……


黒木メイサ


何アレ!? 何の意味があるの!?
彼女が余計なところでカットインすることによって世界観ぶち壊し!

『七人の侍』にドラえもんが出てくるような違和感があるって。

プロダクションの力なのか、スポンサーの兼ね合いなのか知らないけど、
彼女にとって今回の出演はデメリットしか残ってないね。。。

あとTBSが絡んでるのもマイナスポイント。
あんまりそういう企業の金儲けの道具にしないでほしいわ。


まあ、30過ぎて平日の昼間に男1人で映画なんか観てるオレが言うことでもないけどね。
しかも1日だったから、1000円だった。気にしてなかったから驚いた。

あと、新宿のマルイシティにできたバルト9はいい映画館でしたよ。
キレイだし、全席指定だし、予約もできるし。
あれはいいな、うん。



tsu-c2-2



   
【 ツクイヨシヒサ 】


マンガ評論家&ライター。1975年生まれ。書籍、雑誌、ムック、インターネットなどで活動。

●ツイッターはこちら↓ https://twitter.com/tukui88

●執筆・取材・講演依頼等のお問い合わせは、下記の【メッセージ】フォームよりお気軽にどうぞ。ご意見・ご感想もお待ちしています。

●著書「あだち充は世阿弥である。──秘すれば花、『タッチ』世代の恋愛論」(飛鳥新社)発売中。

  


●編著「ラストイニング 勝利の21か条 ─彩珠学院 甲子園までの軌跡─ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)」(小学館)発売中。

  


メッセージ

名前
メール
本文