ツクイヨシヒサの「必筆!仕事人」

マンガ評論家&ライターのツクイヨシヒサによるブログです。酸っぱいブドウの酸っぱさについて、主に語っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

2008年10月

ライター完全復活

ashi2.jpg


骨折から2カ月半、オレの黄金の右足が帰ってきましたよ。

∠( ̄◇ ̄) ハズカシナガラ...


これで来月のドラフト会議を心置きなく電話の前で待てるなー。

30過ぎて草野球でホーム突入して骨折する社会人なんて、
「サプライズ指名」の目玉にピッタリなのになー。

とりあえず前半の「サプライズ」って部分はかなりクリアしてるから、
あとは「指名」されるだけなんだけどなー。


そういや岡田ジャパンってのはアレかなー。
やっぱりサッカーやってないと招集されないモンなのかなー。

オレ、めっちゃ青い服とか似合うんだけどなー。


まーなー、そんなこと考えながら生きてる大人が、
普通に暮らせてるってだけで日本っていい国だと思うし、
子どもたちにステキな夢を与えてると思うけどなー。



というわけで、これまで以上にライターでがんばります。m(_ _)m ペコリ

藤村Dはいいこと言う

『webザテレビジョン』10月16日付の記事で、

「『水曜どうでしょう』藤村Dがテレビ業界に物申す!」

ってのがあったんだけど、
この藤村ディレクターっていいこと言うなー。


以下、JAPAN国際コンテンツフェスティバル2008の
オフィシャルイベントの1つ「劇的3時間SHOW」での発言。

「ゴールデンで(視聴率)20%取る番組のディレクターはセンスが無い」

「ゴールデンで成功するためにはセンスを無くし、変なことをしないことが大事」

「面白いアイデアを持っている人はたくさんいる。
 大切なのは、作る機会、環境を作ること」

「100万人を喜ばせることはできないが、1人を喜ばせることはできる。
 1人を喜ばせることによって結果的に100万人になればいい。
 いきなり100万人を喜ばせようと思ってモノを作り始めると何もできない」

「テレビを駄目にしたのは視聴率。視聴率に頼らずに番組を作っていきたい」

「番組に協力してくれるスポンサーに対して誠意を持って番組を作りたいし、
 スポンサーを教育していきたい。数字にこだわらず良質な番組を作るために
 バックアップして欲しい」



じつは『水曜どうでしょう』って、ちゃんと観たことないんだけど、
この人がもし編集者だったら、確かにいい本を作るかもなー。
tsu-c2-2



   
【 ツクイヨシヒサ 】


マンガ評論家&ライター。1975年生まれ。書籍、雑誌、ムック、インターネットなどで活動。

●ツイッターはこちら↓ https://twitter.com/tukui88

●執筆・取材・講演依頼等のお問い合わせは、下記の【メッセージ】フォームよりお気軽にどうぞ。ご意見・ご感想もお待ちしています。

●著書「あだち充は世阿弥である。──秘すれば花、『タッチ』世代の恋愛論」(飛鳥新社)発売中。

  


●編著「ラストイニング 勝利の21か条 ─彩珠学院 甲子園までの軌跡─ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)」(小学館)発売中。

  


メッセージ

名前
メール
本文