ツクイヨシヒサの「必筆!仕事人」

マンガ評論家&ライターのツクイヨシヒサによるブログです。酸っぱいブドウの酸っぱさについて、主に語っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

2010年04月

大河『龍馬伝』雑感

keiji.jpg



大河ドラマの『龍馬伝』を毎週、録画して観ています。

面白い。

なので、ちょっと感想を書き留めておきます。


「なぜ、このタイミング(4月下旬)で?」という質問は受け付けません(笑)。


まず演出いいですよね。迫力あります。
繊細な龍馬を描いた脚本も、いい意味で納得させられます。
昨年が『天地人』だったので、なおさらそう思います(アレはアレで忘れられませんけど)。


ただ、キャスティングに当たり・ハズレが大きくないですかね?

やっぱり武田鉄矢の勝海舟は違うわー。粗雑過ぎるというか、田舎くさ過ぎる。
生瀬勝久の吉田松陰も正直ナシでした。
西郷隆盛(高橋克実)、坂本乙女(寺島しのぶ)辺りもビミョーだよなぁ。。。


逆に、桂小五郎(谷原章介)、岡田以蔵(佐藤健)、ジョン・万次郎(トータス松本)なんかは
いい演技をしていて「ああ、ピッタリかも!」と思いましたね。


山内容堂(近藤正臣)、吉田東洋(田中泯)、河田小龍(リリー・フランキー)らに至っては、
インパクトが強過ぎて当分の間、それぞれのイメージが覆らないような気がします。


残すは高杉晋作だよなー。

これが当たるかハズレるかは大きいよなー。


昨年の前田慶次郎のように「批難されたくないので出しません」とかはカンベンしてくれ(笑)。



※写真は、昨年待望のDVD化を果たした武田鉄矢主演の映画『刑事物語』。
 武田さんは勝海舟を演じる前に、この片山元刑事のシリーズを最後まで演じ切ってほしかったのに。
 DVDボックス、早く手に入れなければ。

『メンズノンノ』の占いページ

久しぶりに『メンズノンノ』を熟読する機会があった。





占いのページに「今月の彼女のご機嫌」コーナーがあった。







占いのページに「今月の彼女のご機嫌」コーナーがあった。






聞こえなかった人がいるかもしれないので2回書きました。






行間からツッコミの声が聞こえてきた人はエスパーです。


シャアだな  (`・ω・´)─☆ キュピーン
 

最近、読んだ本のはなし

ちょっと久しぶりに、読んだ本の感想。


nohana1.jpg  nohana2.jpg

伊集院光著『のはなし』『のはなし に』


えー、オレの持論なんですけどね、
文章が上手い人ってのは総じて話も面白いんですよ。

会話しててもまったく面白いこと言わないのに、
原稿を書かせたらピカイチって人には、あんまり会ったことがない。

もしかしたら、そういう人こそホントの天才なのかもしれませんけど、
ホントの天才なんてモノはレアであるがゆえにホントの天才たりえるわけで、
まあ、言ってみれば誤差の範囲なわけですよ。


ちなみに、ここで言う「話が面白い」っていうのは、
場を盛り上げたり、爆笑を取ったりする能力のことじゃありませんよ。

別にタドタドしい話し方でもいいんです。
場の空気が読めなくても結構です。

奥行きのある知識、独自の着眼点、意外性のある論理展開、センスを感じさせる言葉のチョイス。。。
そういうものがあれば、たとえ話ベタな人でも聞き手は楽しいんですよ。
会話のペースやテンションなんてのは、こちらの質問で整えればいいんですから。


むしろ、飲み会で「イエーイ!」なんて叫びながら爆笑の渦の中心にいたり、
後輩を捕まえて得意げに自分の話を始めたりする人に限って、
いざ膝つき合わせて話すと「なんだかなぁ。。。」みたいなことが多いですからね。


とまあ、前置きが長くなっちゃいましたけど、
タレント・伊集院光さんのエッセイ集
「のはなし」と「のはなし に」を一気に読みましたよ、という話です。

で、率直な感想が、
「これだけ文章が面白く書ける人は、そりゃ話も面白いよな」
だったわけですよ。

これも持論ですけど、ラジオで本領を発揮できる人ってのはやっぱり文才がある。

ラジオの場合、一発ギャグとか勢いだけじゃ乗り切れませんからね。



それと、伊集院さんは文章の構成の仕方が上手いですよね。
話の導入とか、広げ方とか。落語の経験があるからでしょうか。


「断っておくが、僕は汗っかきだ。そして、断ってみたものの、この特徴には何の得もない。やっかいなだけだ」(「塩分」の話より)

「34歳、男子、妻あり、おまけに体重135kgの私は、このようなプロフィールを持つ方のなかで、きわめて珍しく、3年に1度くらいの割合でセーラー服に袖を通す機会があります。しかも仕事で。水兵でもないのに」(「セーラー服」の話より)



こういうのを「僕は汗っかきだから、損ばかりする」とか
「水兵でもないのに、セーラー服を3年に1度ぐらいの割合で着ている」なんて書き出すと、
読むほうは途端につまらなく感じるんだよなぁ。。。


勉強になります。
tsu-c2-2



   
【 ツクイヨシヒサ 】


マンガ評論家&ライター。1975年生まれ。書籍、雑誌、ムック、インターネットなどで活動。

●ツイッターはこちら↓ https://twitter.com/tukui88

●執筆・取材・講演依頼等のお問い合わせは、下記の【メッセージ】フォームよりお気軽にどうぞ。ご意見・ご感想もお待ちしています。

●著書「あだち充は世阿弥である。──秘すれば花、『タッチ』世代の恋愛論」(飛鳥新社)発売中。

  


●編著「ラストイニング 勝利の21か条 ─彩珠学院 甲子園までの軌跡─ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)」(小学館)発売中。

  


メッセージ

名前
メール
本文