ツクイヨシヒサの「必筆!仕事人」

マンガ評論家&ライターのツクイヨシヒサによるブログです。酸っぱいブドウの酸っぱさについて、主に語っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

2010年12月

『このマンガがすごい!2011』にて。





現在、絶賛発売中の『このマンガがすごい! 2011』(宝島社刊)にて、
コメントを掲載させていただいてます。

「各界のマンガ好きが選ぶ このマンガがすごい!オトコ編」というコーナーです。


おヒマな方、マンガ好きな方、書店でたまたま手に取っちゃった方は、
よかったら探してみてください。



キャンドルのジュン。

忘れられない恋のうた~私の中のもうひとりの僕~



作家・写真家の「やきそばかおる」さんが、
広末涼子と結婚した「キャンドル・ジュン」について、
『週刊ブロス』の連載でこんなことを言っていた。

キャンドルさん(こう呼んでいいのかどうか分からないが)の
名前のユニークさは、仕事に関する名詞をつけている点にある。
その人がどういう仕事に携わっているのかが一瞬で分かるという利点があるのだ。




なるほどw
一理あるかもしれない。


でも、よくよく考えてみると、昔の日本人は、
ほとんどの人が名字なんて持ってなかったので、
職業を名前に組み合わせて使うなんてのは普通だったわけですよ。

大工の八っつぁん」とか「八百屋の熊さん」とか。


『必殺仕事人』だって「飾り職の秀」とか「三味線屋の勇次」という風に、
職業&名前という呼び方がそのまま通り名になっていることが多い。



ってことは、「キャンドル・ジュン」というのは、
むしろ非常に日本的な名前ということになるの。。。?


個人的には、

SIMPLEキャラクター2000シリーズ Vol.08 ガッチャマン THEシューティング

「何か科学忍者隊のメンバーみたいな名前だな」


というのが第一印象だったけど。






最近、食べたモノ。(後編)

お次は甘いモノ。



meiji2.jpg


京橋にある「100パーセント・チョコレート・カフェ」のチョココロネ&シフォンショコラです。

明治製菓本社ビルの1階にお店を構えるこのカフェは、一言でいってしまえば
「〝チョコレートの明治〟が本気を出したチョコレート屋さん」です。


普通の明治のチョコが、「みせてやるぞ、狼牙風風拳!」ぐらいだとすると、
ここのメニューは「初めてですよ。。。ここまで私をコケにしたおバカさんたちは。。。」ぐらいです。



大袈裟でした、、、すみません。m(__)m


でも、ワンランク上のチョコレートが味わえるのは本当ですよ。



meiji1.jpg


入り口はこんな感じ。


どうも広報宣伝の目的が強いお店らしく、連日盛況にもかかわらず、
店舗数を増やして、大々的に展開していく予定はないようです。

チョコレート系のドリンクも充実しています。




続いて、変化球を1つ。



g.jpg



一見、何の変哲もないミートソース・スパゲッティのセットです。
味見をしてみたところで、まあ、至ってフツーです。


じゃあ、なんで載せたのかと言うと、
じつはコレ、プロ野球のジャイアンツの選手が
「ジャイアンツ球場で練習前に食べていた昼食」です。

取材に行ったとき、ついでに撮らせてもらいました。

そういう目で見ると、何となくバランスも取れているし、消化にもよさそうな気が。

選手たちは普段こういったモノを口にしているんですね。



最後に、もう一枚。


ba03d950.jpg



テーブルの上にうずたかく積み上げられた黄色い物体。

お菓子のカールです。

そう、カール。カールおじさんのカール。「それにつけても、おやつは~」のカール。


とある企画で用意したモノなんですけど、いやぁ、さすがにこれだけあると圧巻です。


ええ、ええ。
もちろん、最後は「スタッフがおいしくいただきました」よ?

人生でもっともカールをほお張った一日でした。。。ゲップ。

最近、食べたモノ。(前編)

何となく話のネタになりそうな、食べモノの写真をいくつか載せてみようかな。


まずは「もんじゃ大木屋」市ヶ谷店。

ネイチャー寺門(@ダチョウ倶楽部)が世に広めた
「もんじゃ大木屋」の2号店が市ヶ谷にオープンしたので行ってきました。


5名以上、要予約、コースのみ、というこのお店。

名物と言えば、やっぱりお肉。


はい、コレ。



dac4eef5.jpg



当然、大きさにまず驚かされるわけですけど、それ以上に味が絶品。


「どうせ大味なんじゃないの?」と疑ってる人は、ぜひ一度食べてみたほうがいいです。


ステーキ以外のコースメニューも充実してました。


5e68f162.jpg
 26b70c92.jpg
 f6a3891d.jpg
 bc300b61.jpg


左から順に、カツオのカルパッチョ、カキの炒め物、巨大メンチカツ、特製もんじゃ焼き。


どれも美味。

店員さんたちも明るく丁寧で、とても楽しい時間を過ごせました。


(後半へ続く)

「女の子がかわいい」漫画家ランキング

かわいい女の子を描かせたらピカ一だと思う男性漫画家ランキング」(gooランキングより)で、
↓「あだち充」が第一位に輝いたのだとか。
http://ranking.goo.ne.jp/column/article/goorank/14734/


1位 あだち充

H2 (7) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)



2位 北条司

エンジェル・ハート (14) (Bunch comics)



3位 桂正和

I



4位 江川達也

GOLDEN BOY2 1 (ヤングジャンプコミックス BJ)



5位 かきふらい

けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)



6位 尾田栄一郎

ONE PIECE LOG COLLECTION



7位 矢吹健太朗

To LOVEる-とらぶる 7 (7) (ジャンプコミックス)



8位 藤島康介

ああっ女神さまっ(41) (アフタヌーンKC)



9位 鳥山明

Rule/Sparkle(ジャケットB)



10位 小畑健


ヒカルの碁 完全版 16 (愛蔵版コミックス)




全体に、「女の子の絵が上手い漫画家」と
「作中に登場する女の子が魅力的な漫画家」が
混在しているような印象を受けるんですけど、どうでしょう。

あだち充は、後者でしょうね。

2位の北条司や、3位の桂正和は、どっちかって言うと前者じゃないかな。


まあ、「かわいい女の子」という表現自体が、受け取り手次第ですしね。
これが「美しい女性を描く漫画家」なら、また大きく違った結果になると思います。


ちなみにオレが、あだち充作品の中で
一番かわいいと思った女の子は、『ラフ』の二ノ宮亜美ですかね。





tsu-c2-2



   
【 ツクイヨシヒサ 】


マンガ評論家&ライター。1975年生まれ。書籍、雑誌、ムック、インターネットなどで活動。

●ツイッターはこちら↓ https://twitter.com/tukui88

●執筆・取材・講演依頼等のお問い合わせは、下記の【メッセージ】フォームよりお気軽にどうぞ。ご意見・ご感想もお待ちしています。

●著書「あだち充は世阿弥である。──秘すれば花、『タッチ』世代の恋愛論」(飛鳥新社)発売中。

  


●編著「ラストイニング 勝利の21か条 ─彩珠学院 甲子園までの軌跡─ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)」(小学館)発売中。

  


メッセージ

名前
メール
本文