ツクイヨシヒサの「必筆!仕事人」

マンガ評論家&ライターのツクイヨシヒサによるブログです。酸っぱいブドウの酸っぱさについて、主に語っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

2011年10月

「東京野球ブックフェア」に行ってきた。

tbbf1.jpg


昨日は、東京・月島で開催された「TBBF(=東京野球ブックフェア)」に行ってきました。

「TBBF」は、日本初となる野球本のブックフェア。
今回は記念すべき第一回だったりするのです。

ちなみに、「Tokyo Baseball Book Fair」の頭文字を取って「TBBF」なのですが、
この呼び名を使っても誰にも伝わりません。

オレが今、勝手にそう呼んでみただけだからです。



イベントは本当です。

詳しい情報はこちら→「東京野球ブックフェア」公式ホームページ


さて、気になる中身ですが、
メインはズラリと立ち並ぶ各出版社や作家さんなどの出展ブース。

そのほか、流しのブルペンキャッチャー・安倍昌彦さんのトークショーや、
高橋ユニオンズOB・佐々木信也さんと
『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』著者・長谷川晶一さんの対談
など、
催し物のほうも充実していました。


中でも面白かったのが、
コラムニスト・えのきどいちろうさんと、
版画家・ながさわたかひろさんのトークセッション


意中の球団(楽天イーグルス→ヤクルトスワローズ)の全試合を
1年かけて版画にするという荒行を続ける ながさわさんについて、
えのきどさんが分析するという流れなのですが、


とにかく「ながさわたかひろ」という
キャラクターが面白すぎます(笑)。




誰に強制されるでもなく己を追い込み、
追い込んだはずの己がその着地点について自問自答しているサマは、
まさにクリエイターの業というものを我々に訴えかけてきます。

「一場(靖弘投手)が移籍したから、
 自分も楽天からヤクルトへ移籍しなければいけないと思った」
という常人には共感しようのない使命感も、クリエイティブな活動には
不可欠な要素なんじゃないかと、聴く者を誤解させる迫力があります。

たぶん、あの場にいた野球ファン全員が、
「頑張ってほしい」「応援したい」と思ったんじゃないでしょうか。


ながさわたかひろさんのホームページはこちら→「サンデーたかひろ



最後に今回の目的の1つだった、
「『野球部あるある』発売記念! 菊地選手サイン会」の模様を。




tbbf2.jpg




サイン会なのに、

  まさかのオープンスペース

    & いつものユニフォーム姿!!



                Σ( ̄Д ̄;)斬新……




『ラストイニング』31巻発売。

 


本日10月28日、『ラストイニング』31巻 が発売になりました。


念願の甲子園のグラウンドに立った彩珠学院。

今巻では、甲子園1回戦の兵庫県代表・湊川商工(通称M校)戦の後半、
2回戦の大分県代表・大豊戦の前半が掲載されています。


伝統の堅実野球に誇りをかけるM校。

乾坤一擲の打撃でエリート集団撃破を狙う大豊。

甲子園に来て、また一段と個性の強いチームたちが登場しています。

       ・・・・・・・・・・・・
個人的には、「これでもう何も起こらない」と
心の中で呟いたときの、鳩ヶ谷の表情が印象的でした。


あの辺りは、高校野球の監督同士しか
わかり合えない心の機微なんだろうなぁ、と。


大豊の重量打線を前に、鳩ヶ谷が取った対応策にも注目です。




●●●『ラストイニング 勝利の21か条』も発売中! 未読の方はご一緒に●●●


ラストイニング 勝利の21か条 ─彩珠学院 甲子園までの軌跡─




 

映画『探偵はBARにいる』を観た。



映画『探偵はBARにいる



えー、ツクイヨシヒサと言えば、
「私立探偵モノ」に目がないことで、つとに知られてますが…………あぁ、ご存じない?

では、少し長くなりますけど説明のほう…………は長くなるから、今日はいらない?


本題は、映画『探偵はBARにいる』を観てきたよ、であります。


札幌ススキノを根城にする探偵の話なんですが、
想像していた以上に「ザ・私立探偵」という内容でした。


歓楽街、カウンターバー、酒、煙草、暴力、そして美しい依頼人。

奇を衒ったところはほとんどなく、よくも悪くもスタンダード&オーソドックス。
ハードボイルドを観に行って、ハードボイルドが待っている、という感じでした。



こういうのも、やっぱり必要ですよ。
安心してお金が払える映画っていうか。
何となくシリーズ化しそうな空気だったので、次作もあればいいですね。


ちなみにオレは今、原作シリーズを読んでいます。
映画より、さらに「ザ・私立探偵」な雰囲気です。



   
tsu-c2-2



   
【 ツクイヨシヒサ 】


マンガ評論家&ライター。1975年生まれ。書籍、雑誌、ムック、インターネットなどで活動。

●ツイッターはこちら↓ https://twitter.com/tukui88

●執筆・取材・講演依頼等のお問い合わせは、下記の【メッセージ】フォームよりお気軽にどうぞ。ご意見・ご感想もお待ちしています。

●著書「あだち充は世阿弥である。──秘すれば花、『タッチ』世代の恋愛論」(飛鳥新社)発売中。

  


●編著「ラストイニング 勝利の21か条 ─彩珠学院 甲子園までの軌跡─ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)」(小学館)発売中。

  


メッセージ

名前
メール
本文