巷に並ぶ野球関連書籍には、
技術系から小説の類まで幅広くあるわけですが、
「データ(&ルール)」というのも、
ジャンルの1つとして定着しています。


そこで最近、読んだ
「データ(&ルール)」系の書籍を
いくつかご紹介したいと思います。


冒頭に掲載した書籍について、左上から順番に挙げていきますね。


徹底データ分析 甲子園戦法 セオリーのウソとホント
 (川村卓著、中村計著/朝日新聞社刊)


2005年夏、2006年春夏、2007年春の甲子園4大会のデータをもとに、
高校野球のセオリーと結果について分析した本です。

正直、「サンプルが少なすぎかな?」とは思うものの、
「無死一塁では、送りバントでも強攻策でも、得点の可能性はあまり変わらない」とか、
「2死走者なしからの得点率はたったの6%」など、
「ああ、やっぱりそうなのね」と頷きたくなる数字が並びます。

欲を言えば、「甲子園の戦い方」ではなく「甲子園に出るための戦い方」を教えてほしかった。
毎回ベスト16以上まで残るのに、甲子園まで辿り着けるチームと消えてしまうチームは何が違うのか。
神奈川県と鳥取県では、同じ高校野球でもセオリーが変わってくるのか。
データが膨大になるのはわかっているのですが、読んでみたいなー。



野球人の錯覚
 (加藤英明著、山崎尚志著/東洋経済新報社刊)


先ほどの『甲子園戦法〜』が高校野球だったのに対し、
こちらはプロ野球のデータを対象にした本です。

データスタジアムからのデータ提供を受け、2005年の数字を中心に、
「試合の流れ」や「ジンクスの真偽」などについて論じています。

「先頭打者に四球を出すと試合の流れは悪くなるのか?」
「ノースリーからのヒッティングは是か非か?」
「ラッキーセブンは本当に点が入りやすいか?」
などなど。

こちらもやはり、サンプル数の少なさが気になるところ。
集計した数字を見ながら、〝とりあえずの結論〟を述べている、
という印象をどうしても受けちゃいますかね。



データで読む 常識をくつがえす野球
 (小林信也著/草思社刊)


奇しくも上記の『野球人の錯覚』同様、
データスタジアム協力のもと、
2005年シーズンのプロ野球データを解析した一冊。

大きな違いは、著者の雑感が随所に登場する点。
導き出された結論も「勝つ野球の法則」として、積極的に提示されています。

「『初回限定投手』という発想もある」
「『代打の代打』はナンセンス」
「打者の実力が露呈する『貢献打率』という発想」
などなど。

同じようなデータを扱っても、論じる人によって
こんなに結論の印象が違うんだなー、というのが素直な感想です。



野球の科学 (図解雑学)
 (筒井大助監修/ナツメ社刊)

科学的な裏づけを背景にしながら、野球の基本を説明した本です。

投げる・打つといったベーシックな動きから入り、
「盗塁と球速」の関係性や、外野手の肩で変化する
「犠牲フライのボーダーライン」
などにも言及しています。

入門編のような内容が多いですが、
「イップス」や「名前負け」といった精神面まで扱うなど、
なかなか幅広い情報が盛り込まれていました。



野球虎の巻
 (野球指導書編集委員会/データ・ハウス刊)


相手のスキを突く「クレバー」なプレーを集めた作戦集です。

「影武者を作りタッチアップのタイミングをずらす」
「外野手が捕球前に転ぶ」
「守備妨害でダブルプレー阻止」

など、トリッキーなプレーが盛りだくさん。

あまり教育的でない作戦も含まれていますが、
個人的に、こういうプレーは大好物です!
セコくも汚くもありません。「クレバー」です、「クレバー」。

ありそうでなかった貴重なテクニック集。面白かったです。



メジャーリーグの書かれざるルール
 (ポール・ディクソン著、水戸重之監修・翻訳/朝日新聞出版刊)


日本人選手がメジャーリーグへ挑戦する際、しばしば話題に挙げられる
「書かれざるルール」についてまとめられた一冊です。

メジャーの暗黙ルールと言えば、「味方の打者がぶつけられたら、ぶつけ返せ」が有名ですが、
本書を読むと、「投手は、攻守交代では歩いてベンチに戻る」
「ピッチャーは2桁の背番号でなければならない」など、
思わず「そんなことまで決まっているのか」と言いたくなるようなルールが掲載されています。

守るべき理由がいま一つ、はっきりしないルールがあるところや、
翻訳物特有のわかりにくい言い回しが気になる部分はありますが、
メジャーリーグが好きな人なら知識として1冊、手もとにあってもいいかなと思います。


ではでは、またー。