4f61ef55.jpg
   spi19-2.png


「週刊ビッグコミックスピリッツ」2014年4月21日号にて、
高校野球マンガ「ラストイニング」が最終回を迎えました。

いやー、ついに終わってしまいましたねぇ。

寂しいですけど、「限定1年の監督」を描いた作品だったわけですから、
ここでキレイに終わったほうが、後年に傑作・名作として残りやすくなったでしょうか。


(以下、ネタバレがありますのご注意を)






で結局、鳩ヶ谷は日本を離れ、ブラジルに渡ったのですが、
ラストシーンで高校野球界への復帰を匂わせるセリフも登場。

「もしかしたら続編も!?」「別の学校を率いてサイガクと戦う?」
「八潮や剛士と対決とか?」など、想像は膨らむわけですが、まあどうでしょうか。


コミックスの最終刊は第44巻です。
週刊連載のときと、ラストシーンが少しだけ違ってましたね。