中身があまりにヒドすぎて「声も出ないわ」と話題になっている「ダ・ヴィンチニュース」の
「『タッチ』のタイトルの由来にファン衝撃『驚きすぎて声も出ないわ(呆然)』」という記事。

いったいどこがヒドイのか、テキトーに検証してみます。


tdv-1

tdv-2

※画像は2016年10月22日(土)18時00分付で、ダ・ヴィンチニュース発として、ヤフーニュースに取り上げられた記事の画面写真です。


【この記事がヒドイ!①】
上杉達也と和也を間違える


文中でいきなり目を奪われるのが、

「なんで『タッチ』で上杉達也を殺したの?」というド直球な質問から始まって……

というくだりです。


「達也」と「和也」の名前をナチュラルに間違えるという、ド直球なミス。
なかなかの剛腕です。


しかしまあ、こういう単純な誤植を見つけて、鬼の首を取ったように喜ぶのはいけません。誰にでも間違いはあるのです。



【この記事がヒドイ!②】
浅倉南の名前を間違える


達也と和也が「オレがアイツで、アイツがオレで」と入れ替わるなか、ヒロインが登場します。

朝倉南の夢を叶えるため甲子園を目指すのだが……




「浅倉南」です。

「朝倉」じゃありません。

執筆者の方は、冒頭で『タッチ』のことを「スポーツマンガの不動の名作」「誰もが知っている同作」と讃えているわりには、どうも記憶がボンヤリしているみたいですね。


メインキャラが達也と和也と南しかいないのに、
全員ふんわりと間違えるというのは、かなり高度なテクニックです。
意外に技巧派です。


作品名称の由来を記事にされるぐらいですから、執筆者の方はご存じなのだと思いますが、
主人公が戦国武将の「上杉」を冠しているのに対し、
ヒロインのほうは、織田信長に対抗した「浅井・朝倉」の連合軍からとって、「浅倉」南です。



【この記事がヒドイ!③】
タイトルの由来が、別に衝撃でも驚愕でもない


今回の記事について、表記や内容の細かい点(ホントは細かくも何ともないけど)がツッコまれるのは、そもそも「タイトルの由来なんて衝撃でも何でもないから!」という、
壮大なツッコミを多くのファンが共有しているからです。


『タッチ』が「バトンタッチ」なんていうのは、
それこそ Wiki あたりにも堂々と書いてあるわけで、
「今さら記事にするか!?」「ヤフーニュースほかの転載先も少しは考えろよ!」と思われるのはやむを得ないところではないでしょうか。


っていうか、
じゃあ、どんな由来だと思っていたんだよ?


記事のなかでは、

天地がひっくり返るような事実


とか言ってますけど、

むしろひっくり返る前の事実のほうを個人的には教えてもらいたいです



つまり、もともと記事の切り口や組み立て方が恣意的であり、「ホントに『タッチ』に興味がある人間が書いたのか!?」という疑念をかき立てるつくりになっちゃっているわけですよ。



【この記事がヒドイ!④】
気になり出したらキリがない


そうなってくると、些末な部分まで疑いたくなってしまうのが、おろかな人間の性です。ゲスのカン繰りというヤツです。

記事内では、「ファンに衝撃が〜」とか言っていますが、
そのファンがいったい誰なのかについて、まったく触れていません。

ツイッターを適当に検索した結果なのか、執筆者が周囲と雑談したまとめなのか、それともコアなあだち充ファンの集会にでも参加したのか。
具体的に誰にとって衝撃だったのかは、今回の記事を成立させる根幹要素だと思うのですが、なぜ明記を避けるのでしょうか?


締めの一文も気になって仕方ないです。


ここから話は盛り上がっていくため、あだちの描いたとおり見事にバトンタッチできたのかもしれない。


……
見事にバトンタッチできたのかもしれない。


……
できたのかもしれない。





どっちだよっ!

なに、「できたのかもしれない」って?!

バトンタッチできたと思っているの? それとも、できなかったと思っているの?

「ここから話が盛り上がっていく」って言うなら、成功じゃないの!?
もし見事にバトンタッチできていなかったら、盛り上がらなかったんじゃないの!?



……とかね。



ネットニュースが大変なのは、僕もわかっているつもりですけど、
こういうのって「ダ・ヴィンチ」編集部も本意じゃないでしょう。

もちろん、あだち先生や「タッチ」が話題になるのはうれしいことだし、
もっとみんなが喜べるような、良い感じにならないものかなー。