ツクイヨシヒサの「必筆!仕事人」

マンガ評論家&ライターのツクイヨシヒサによるブログです。酸っぱいブドウの酸っぱさについて、主に語っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

野球

高校球児と「帽子のカタ」についての文化的考察(前編)

──なぜ高校球児の帽子はあれほど曲がっているのか?──




この大いなる命題について、これまで深く語られたことはあまりなかったように思います。

でも、疑問に思った人はたくさんいるでしょう?

プロ野球もメジャーリーグも、普通にかぶっているのに、
なぜ高校球児だけがあれほど異様に帽子を変型をさせているのか。。。

今回はそのナゾに迫ってみようと思います!(祝・高校野球シーズン到来!!)



まず前提となるのが、あの高校球児の帽子に対するこだわりは、
オシャレであってオシャレではない、ということだと思います。

例えば、巨人のクルーン投手が、B系っぽく帽子を斜めにかぶるのは、
時代を意識したオシャレと言えるかもしれませんが、
高校球児のそれは根本的に意味合いが異なるんじゃないかと。

あれは流行り廃りのオシャレではなく、
言ってみれば 伝統的な「様式美」 みたいなモノだと思うんですよね。


高校野球の世界で帽子の形を整えることを
俗に「カタを作る」と言います。

この「カタ」にはある一定のフォーマットのようなモノが存在します。


言葉だけで説明するとややこしくなりそうなので、↓下に図解しますね。


【図解「野球帽の〝カタ〟」】

  f68b5e01.jpg



すみません、いま机のスミで書いただけなのでテキトーです(笑)。

えっと、ポイントは「A」と「B」の部分ですね。


まず「A」の部分ですが、高校野球では一般的に
この前部分が 高く立ち上がっている状態 を良しとします。

実際には「A」の部分だけでなく、前面部全体を扇が開いたように高く立ち上げます。

帽子には上から見たとき、ラインによって6つにわかれている「六角」と、
8つにわかれている「八角」があるんですけど、
後者のほうがこの前面部の「カタ」がつけやすいので人気があります。


球児たちは、この前面部を立ち上げるという行為によって
自分たちの「強さ」をアピールします。

しかし、いったいなぜ 帽子を立てることが「強さ」のアピールになる のでしょうか。

問題はココです。


オレはこの点に関して「戦国武将の前立(まえたて)論」を唱えています。

前立というのは、武将が兜の額のところに立てている目印のようなモノです。

直江兼続の「愛」や、伊達政宗の「弦月(三日月)」なんかが有名ですかね。

あれは、つまり「オレは名のある武将だぞ!」というアピールをして、
見る者をビビらせているわけです。


同じように高校球児も、ああやって前面部を異様に立ち上げることによって自分を誇示し、
相手に「あの選手はタダモノじゃない!」「ウワサの傾奇者じゃね!?(ガクブル)」と
思わせようとしているんじゃねーだろか、というのがオレの仮説です(笑)。


まあ、大相撲の大銀杏でも、ライオンのたてがみでも、何でもいいんですけどね。

要するに、そういう威厳というか威嚇を感じさせる雰囲気があるので、
「強そう」「上手そう」「怖そう」というイメージが生まれるんじゃないかと。

で、それは究極的にブラウン管の向こうのファンはわからなくても、
目の前の対戦相手に伝わればいいわけです。



長くなってきたので、続きは後編で!

微笑ましいな、サッカー代表。

今回もワールドカップ狂騒曲が列島を駆け巡ったわけですが、
こういうのを観ているとやっぱり
「こりゃァ、10年後、20年後の野球界はヤバイねー」と思うわけですよ。


だってサッカー代表、泣いて笑って楽しそうですもの。


子どもたちがこの状況を観てたら、絶対に野球よりサッカーを選ぶでしょ。


仮に野球の日本代表が、WBCの決勝トーナメントで
あっさり負けて帰ってきたら、こうはいかないですもんね。

帰国後の会見なんて、誰も観たがらないですよ。

もしその場でモノマネやアカペラなんてやろうものなら、
「オマエら、野球の日本代表を何だと思ってんだ!?」
って怒号が飛び交うでしょうね(笑)




「試合後の涙」にしても、そう。

もしあれが野球だったら、少なくともオレは
「泣くほど頑張ったんだから許してやろうよ」
とは思えないですよ。

日本の野球界トップの男たちが、その責任の重さを知った上で全力で戦った。
負けたら泣いて済まされないことぐらい、彼らが一番よくわかっている。
それでも、どうしても堪えきれずにグラウンドで涙が流れてしまった。

だったら、あえてその涙は見なかったことにしてやるのが、ファンなんじゃねーの!?
その気持ちをくんでやるのが、応援するってことじゃねーの!?
なんて思っちゃいますもの。テヘ。



「失敗した選手をみんなで慰めてたから感動しました」とか、
「記者会見でも笑いが取れるほど団結力がありました」とか、
いちいち「高校球児かよっ!!」とツッコミたくなるような
ナマ温かいエピソード満載の日本サッカー界は、
やっぱり観ていて微笑ましいものがありますね。

世のお母さま方が我が子にサッカーをやらせたがるのもわかります。



でもまー、グラウンドで汗を流す選手たちにしてみれば、
日の丸の重さは野球もサッカーも変わらないんでしょうけどね。

こういうのって観る側の問題ですよね。


というわけでサッカー日本代表、ワールドカップ・ベスト16。
おめでとうございました。

東京ドームで野球

db8d597a.gif




久しぶりに、日常の印象的な出来事を φ(・ω・ ) カキカキ


ちょっと前の話なんですけど、東京ドームで野球をやりました。

仕事で何度かグラウンドに入ったことはあったのですが、人工芝で野球をやるのは、高校のとき以来です。


んで、何とそこでクワタさんと一緒に野球しました。

どこのクワタさんかと言うと、元プロ野球選手のクワタさんです。


そう、オレたちの世代なら誰もが少年時代から憧れ続けた、
あの「KK」のKの人です。




今回たまたま人の縁がありまして、そうした場に参加させていただくことができました。

ありがとうございました。


しかも、クワタさんに一打席だけ東京ドームのマウンドからボールを投げていただけるという幸運っ!

はっきり言って、、、



泣けたっ!! (ρT∩T) カンドウ シタッ!!

ナイーブ大竹、覚醒。

gomi.jpg


広島東洋カープの大竹投手が今日の試合で、
連続イニング無失点記録を38回1/3に更新。

これで防御率トップのまま、4勝目!


どうしたんだ、大竹!! w( ̄Д ̄;)wスゴイじゃないかっ!



早くから「黒田の後継者、次代のエース」と騒がれつつも、
毎回、プロらしからぬ精神面の脆さを発揮し、
サードの新井(当時)に本気で
恫喝されていた
○檄を飛ばされていた
頃が懐かしい。


あんなにガチでピッチャーを罵倒する内野手と、
あんなにガチでグラウンドで下を向くプロ野球選手を
ボクァ、初めて観ましたからね。


そう言われれば、あの頃に比べると今のカープは
かなりオットリした感じになったかもなぁ。。。

赤松とか梵とか、やさしそうだもんなぁ。

何気に栗原なんかも、いつも笑顔だしね。


それなのか、それが覚醒の理由なのか!?

どこまでナイーブなんだ、大竹。

WBCの優勝カップ

wbc.gif


ちょっと遅くなったけど先週、巨人-広島戦を東京ドームに観に行きました。


メインゲートのところに、WBCの優勝カップとユニフォームが
飾られていたので一応、記念にパシャリ。ホントに勝ってよかった。


試合は8回、栗原の逆転スリーランでカープの勝利!

観戦に行った試合で、ここまで見事に逆転した赤ヘルは初めてかも。

野球はやっぱり元気になるなー。
tsu-c2-2



   
【 ツクイヨシヒサ 】


マンガ評論家&ライター。1975年生まれ。書籍、雑誌、ムック、インターネットなどで活動。

●ツイッターはこちら↓ https://twitter.com/tukui88

●執筆・取材・講演依頼等のお問い合わせは、下記の【メッセージ】フォームよりお気軽にどうぞ。ご意見・ご感想もお待ちしています。

●著書「あだち充は世阿弥である。──秘すれば花、『タッチ』世代の恋愛論」(飛鳥新社)発売中。

  


●編著「ラストイニング 勝利の21か条 ─彩珠学院 甲子園までの軌跡─ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)」(小学館)発売中。

  


メッセージ

名前
メール
本文