ツクイヨシヒサの「必筆!仕事人」

マンガ評論家&ライターのツクイヨシヒサによるブログです。酸っぱいブドウの酸っぱさについて、主に語っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

書評・寸評(その他)

最近、読んだ本(野球データ編)

    
    



巷に並ぶ野球関連書籍には、
技術系から小説の類まで幅広くあるわけですが、
「データ(&ルール)」というのも、
ジャンルの1つとして定着しています。


そこで最近、読んだ
「データ(&ルール)」系の書籍を
いくつかご紹介したいと思います。


冒頭に掲載した書籍について、左上から順番に挙げていきますね。


徹底データ分析 甲子園戦法 セオリーのウソとホント
 (川村卓著、中村計著/朝日新聞社刊)


2005年夏、2006年春夏、2007年春の甲子園4大会のデータをもとに、
高校野球のセオリーと結果について分析した本です。

正直、「サンプルが少なすぎかな?」とは思うものの、
「無死一塁では、送りバントでも強攻策でも、得点の可能性はあまり変わらない」とか、
「2死走者なしからの得点率はたったの6%」など、
「ああ、やっぱりそうなのね」と頷きたくなる数字が並びます。

欲を言えば、「甲子園の戦い方」ではなく「甲子園に出るための戦い方」を教えてほしかった。
毎回ベスト16以上まで残るのに、甲子園まで辿り着けるチームと消えてしまうチームは何が違うのか。
神奈川県と鳥取県では、同じ高校野球でもセオリーが変わってくるのか。
データが膨大になるのはわかっているのですが、読んでみたいなー。



野球人の錯覚
 (加藤英明著、山崎尚志著/東洋経済新報社刊)


先ほどの『甲子園戦法〜』が高校野球だったのに対し、
こちらはプロ野球のデータを対象にした本です。

データスタジアムからのデータ提供を受け、2005年の数字を中心に、
「試合の流れ」や「ジンクスの真偽」などについて論じています。

「先頭打者に四球を出すと試合の流れは悪くなるのか?」
「ノースリーからのヒッティングは是か非か?」
「ラッキーセブンは本当に点が入りやすいか?」
などなど。

こちらもやはり、サンプル数の少なさが気になるところ。
集計した数字を見ながら、〝とりあえずの結論〟を述べている、
という印象をどうしても受けちゃいますかね。



データで読む 常識をくつがえす野球
 (小林信也著/草思社刊)


奇しくも上記の『野球人の錯覚』同様、
データスタジアム協力のもと、
2005年シーズンのプロ野球データを解析した一冊。

大きな違いは、著者の雑感が随所に登場する点。
導き出された結論も「勝つ野球の法則」として、積極的に提示されています。

「『初回限定投手』という発想もある」
「『代打の代打』はナンセンス」
「打者の実力が露呈する『貢献打率』という発想」
などなど。

同じようなデータを扱っても、論じる人によって
こんなに結論の印象が違うんだなー、というのが素直な感想です。



野球の科学 (図解雑学)
 (筒井大助監修/ナツメ社刊)

科学的な裏づけを背景にしながら、野球の基本を説明した本です。

投げる・打つといったベーシックな動きから入り、
「盗塁と球速」の関係性や、外野手の肩で変化する
「犠牲フライのボーダーライン」
などにも言及しています。

入門編のような内容が多いですが、
「イップス」や「名前負け」といった精神面まで扱うなど、
なかなか幅広い情報が盛り込まれていました。



野球虎の巻
 (野球指導書編集委員会/データ・ハウス刊)


相手のスキを突く「クレバー」なプレーを集めた作戦集です。

「影武者を作りタッチアップのタイミングをずらす」
「外野手が捕球前に転ぶ」
「守備妨害でダブルプレー阻止」

など、トリッキーなプレーが盛りだくさん。

あまり教育的でない作戦も含まれていますが、
個人的に、こういうプレーは大好物です!
セコくも汚くもありません。「クレバー」です、「クレバー」。

ありそうでなかった貴重なテクニック集。面白かったです。



メジャーリーグの書かれざるルール
 (ポール・ディクソン著、水戸重之監修・翻訳/朝日新聞出版刊)


日本人選手がメジャーリーグへ挑戦する際、しばしば話題に挙げられる
「書かれざるルール」についてまとめられた一冊です。

メジャーの暗黙ルールと言えば、「味方の打者がぶつけられたら、ぶつけ返せ」が有名ですが、
本書を読むと、「投手は、攻守交代では歩いてベンチに戻る」
「ピッチャーは2桁の背番号でなければならない」など、
思わず「そんなことまで決まっているのか」と言いたくなるようなルールが掲載されています。

守るべき理由がいま一つ、はっきりしないルールがあるところや、
翻訳物特有のわかりにくい言い回しが気になる部分はありますが、
メジャーリーグが好きな人なら知識として1冊、手もとにあってもいいかなと思います。


ではでは、またー。


  
  

【兵法黙示録ソンシ・計篇】まとめ2

sonshi2.jpg



計篇の続きです。


【兵法黙示録ソンシ・計篇2-1】 もし将軍が、こうしたソンシの考えに従うのであれば………留任っ! 勝利を確信した上での…………強気の留任っっ!!(将聴吾計、用之必勝、留之)


【兵法黙示録ソンシ・計篇2-2】 だがしかし! 残されている……万が一の確率で…。選択肢……従わないという選択肢……。ならば……クビ…! 即解雇! 即リストラっ! 敗北前に……将軍…全員…………内閣総辞職っ!!! (将不聴吾計、用之必敗、去之)


【兵法黙示録ソンシ・計篇2-3】 その上で、己の有利を計算し、出兵したのであれば……追い風っ! 勢いという名の追い風っ!! 背中を押しまくる……フォローウインドっ!! 出陣後の外謀とすべき風っ!!(計利以聴、之為之勢、以佐其外)


【兵法黙示録ソンシ・計篇2-4】 勢いとは詰まるところ、応変さ! 臨機の応変さ! 有利な状況に基づき、自在に相手を動かしながら、対処することに他ならないっ!!(勢者因利而制権也)


【兵法黙示録ソンシ・計篇3-1】 戦いとは……相手の裏をかく行為っ! 偽り、騙し、陥れる……ただそれだけっ! ゆえに……装うっ! 強くても弱者を……っ! 勇敢でも臆病を……っ!! 演じ続けるっ!!!(兵者詭道也、故能而示之不能、用而示之不用)


【兵法黙示録ソンシ・計篇3-2】 近づけば遠く……遠ければ近くにいると…思わせる……。相手が利を追うなら…誘い出し……、混乱していれば…奪う……。(近而示之遠、遠而示之、近利而誘之、乱而取之)


【兵法黙示録ソンシ・計篇3-3】 戦力が充実していれば…防御に徹し……、敵わないときは…すぐさま逃げる……。頭に血が上っていれば……焚きつけ、謙虚な姿勢ならば……驕り…たかぶらせる。(実而備之、強而避之、怒而撓之、卑而驕之)


【兵法黙示録ソンシ・計篇3-4】 安楽に身を委ねるなら……疲労させ、……結束しているなら、分裂させる。……相手の準備がおろそかな場所を攻め、予想だにしない箇所を……突く。(佚而労之、親而離之、攻其無備、出其不意)


【兵法黙示録ソンシ・計篇3-5】 それこそが……ソンシ流の勝ち方っ! 臨機応変さによる、勢いの勝利っ!! 「これだけやっておけば絶対安心……」などという、甘く、幼稚な……都合のよい〝必勝法〟など皆無っ! 存在しないっ!!!(此兵家之勝、不可先伝也)


【兵法黙示録ソンシ・計篇4-1】 そもそもっ! 戦いに至る以前っ! 勝利の確信を得たる理由は…………高いからっ! 率がっ! 勝利する率がっ!! 己の力で勝利をもぎ取る…………〝勝算〟がっ!!(未未戦而廟算勝者、得算多也)


【兵法黙示録ソンシ・計篇4-2】 逆に……。得られなければ負ける…………勝利の確信……。脳裏を支配する……敗北の予感……っ! 足りないっ! 勝ちへの積み上げ……っ!! ────不足っ! 〝勝算〟不足っ!!!!(未戦而廟算不勝者、得算少也)


【兵法黙示録ソンシ・計篇4-3】 勝利を計算し、高ければ勝ち、低ければ負ける…………。真っ当、至極真っ当! バカでもわかる……単純計算っ!! 万が一……〝勝算〟が1つもないなら、これはもう……骨頂っ!! 愚の骨頂っ!!!(多算勝、少算不勝、而況於無算乎)


【兵法黙示録ソンシ・計篇4-4】 そこまで考え、計算すれば…………わかるっ! 勝敗の行方……事前に察知することも……まずまず、可能っ!!(吾以此観之、勝負見矣)

【兵法黙示録ソンシ・計篇】まとめ1

sonshi2.jpg



twitter のほうで、ヒマなときに更新している
『孫子の兵法』のお遊び超訳【兵法黙示録ソンシ】を
ブログにちょっとまとめ置き。


【兵法黙示録ソンシ・計篇1-1】 ソンシ、断言! ──戦争……それは…大事、国家の大事! 決まる……民草の生死が! わかれる……国家の存亡が! ゆえに熟慮っ!! よくよくの熟慮っ!!!(孫子曰、兵者国之大事、死生之地、存亡之道、不可不察也)


【兵法黙示録ソンシ・計篇1-2】 求められるのは計測力! 5つのモノサシによる計測力っ! 不可欠なのは比較力! 7つの目算による比較力っ! そこから浮かび上がる……リアル! ……何ぴとにも否定できない…圧倒的な…………現実感っっっ!!(故経之以五事、校之以計、而策其情)


【兵法黙示録ソンシ・計篇1-3】 5つのモノサシとは……すなわちっ! 第一に「道」、第二に「天」、第三に「地」、第四に「将」、第五に「法」。この5つに……他ならないっ!(一曰道、二曰天、三曰地、四曰将、五曰法)


【兵法黙示録ソンシ・計篇1-4】 第一の「道」とは……支配者と、民衆の思惑をシンクロさせること! これさえ成功すれば、誰も……もう疑わない! 心酔……っ! 信じる……愚民の群れは……死ぬまで…………信じ切るっ!(道者令民興上同意也、故可以興之死、可以興之生、而不畏危)


【兵法黙示録ソンシ・計篇1-5】 第二の「天」とは……言わばタイミング! あまねく自然の摂理を吟味し……計算し尽くした……素敵なタイミングっ!!!(天者陰陽寒暑時制也)


【兵法黙示録ソンシ・計篇1-6】 第三の「地」とは……舞台! 勝負の舞台っ! 距離、険しさ、広さ、高さ…………さまざまな物理条件の果てに浮かび上がる…………絶望の荒野っ!!(地者遠近険易廣狭死生也)


【兵法黙示録ソンシ・計篇1-7】 第四の「将」とは……人材! 天下の人材! 智力に長けた者、信念に生きる者、情に厚い者、勇猛果敢な者、厳格に徹しきれる者…………数多の負け犬たちを踏み越え……勝ち残ってきたっ! 選ばれし……大幹部っ!!(将者智信仁勇厳也)


【兵法黙示録ソンシ・計篇1-8】 第五の「法」とは……ルール! どんな勝負でも…ゲームの大前提となる……絶対的な……取り決めっ…! 軍備、戦略、編成、用兵……すべてを計算し…守り抜くと決めた……鉄則っ!……勝利をたぐり寄せる、鉄の掟っ!!(法者曲制官道主用也)


【兵法黙示録ソンシ・計篇1-9】 それら5つのモノサシについて……もちろん熟知っ! 一軍の将であれば……誰でも熟知しているっ! だが……至らない。……理解するまでには至らない。……モノサシの本質……真の…価値まで…っ!(凡此五者、将莫不聞)


【兵法黙示録ソンシ・計篇1-10】 ゆえに…負ける! 負け続けるっ!! 気づかないまま敗北……負け続けるしかない……っ。帰結……あまりに…当然すぎる…………悲しい帰結っ!!!(知之者勝、不知者不勝)


【兵法黙示録ソンシ・計篇1-11】 理解し、勝利に酔う者たちは……熟考するっ! 7つの条件で……っ!! つまり────。どちらの君主が人気なのか、どちらの将が有能なのか、どちらの自然条件が有利なのか……。(故校之以計、而索其情、曰主孰有道、将孰有能、天地孰得)


【兵法黙示録ソンシ・計篇1-12】 法に厳しいのはどちらか、軍が強いのはどちらか……。兵の習熟度が高いのはどちらか……賞罰に公明正大なのはどちらなのか……。(法令孰行、兵衆孰強、士卒孰練、賞罰孰明)


【兵法黙示録ソンシ・計篇1-13】 決定…済み……っ! …この時点……このタイミングで……あらかたっ! 戦わずして……すでに…っ!! 勝敗は…………決定事項っ!!!!!(吾以此知勝負矣)


sonshi3.jpg

最近、読んだ本(野球無頼編)

プロ野球選手には野球の技術以外に、我々凡人とはどこか違う、超越した部分があってほしい。

そう願っているのは、オレだけではないでしょう。



球道者、勝負師、豪傑、理論派…………。


破格の年俸を手にするプロ野球選手だからこそ、その生き様も規格外であってほしいと思うわけです。

野球の上手いサラリーマンが観たいんだったら、
みんな手っ取り早く社会人野球のほうに足を運ぶんじゃないでしょうか。


で、そんな日本プロ野球界に
連綿と流れ続けるのが「無頼派」の血なわけでして、

オレが最近読んだ無頼派野球人の本、3冊をご紹介しようと思います。




  

球道無頼 こんな野球をやってきた』(大沢啓二著/集英社刊)


「球界の親分」こと故・大沢啓二氏が1996年に発表した本です。


まず何がいいって、タイトルがカッコいい。


『球道無頼』



まんま任侠映画になりそうなタイトルです。

中身の任侠っぷりも半端じゃないです。



高校球児のとき、判定が気に入らなかった
  審判を試合後の球場トイレで蹴りつけたとか、

現役選手のとき、自分のことをバカにした
  外国人選手2人の前にドスを突きつけたとか、


にわかには信じがたい話が随所に登場します。


また、


大学受験のとき、英語の問題文を
  回答欄に書き写しただけで立教大学に合格した
(※)とか、

日ハム監督時代、阪急のベンチに
  盗聴器を仕掛けたことがあるとか、



もはや「だって無頼だから」では
誤魔化しきれない危険なエピソードも多数掲載されています。


(※)野球部のあと押しがあったという大学受験。正確には、以下のような試験内容だったとのこと。
 ・遅刻で2科目ドタキャン。
 ・英語 →1問目の問題文を2問目に、2問目の問題文を3問目の回答欄に……。
 ・社会 →いちばん大きな回答欄に日本地図を書く。





  

球界の野良犬』(愛甲猛著/宝島社刊)


続いて、元甲子園優勝投手であり、
プロとしてロッテ・中日で活躍した愛甲猛氏の問題作。
その名も『球界の野良犬』です。

先ほどの『球道無頼』が東映の任侠映画の匂いがするのに対し、
こちらは往年のVシネマの香りがプンプンと漂っています


論より証拠と言いましょうか、この本に掲載されている「はじめに」の冒頭を引用したいと思います。


「ケンカ、ドラッグ、ギャンブル、そしてドーピング。
 すべてが野球の肥やしになると信じて、
 やりたいことをやってきた」




いきなりトップギアすぎて、頭の整理が追いつきません。

我々凡人の世界では「ダメ、ゼッタイ」なことが、じつはすべて「野球の肥やし」だったのです。

『ベースボール・クリニック』は、なぜこの驚愕の事実を伝えてないのでしょうか。



と言いつつも、じっくりと読んでみると「予想以上に赤裸々な内容が綴ってあるな」という印象を持ちました。


高校野球で華々しく活躍する裏で、「やっていたのはタバコ、麻雀、女、バイク、シンナー」(本文より)。



こういうのって、何となくそうだとわかっていても、
本人たちが公言することはありません。

複雑な家庭環境や幼少期の貧乏生活、ヤンチャな青春時代、
栄光と屈辱の狭間で揺れ動いたプロ選手時代……。


とにかく最初から最後まで、歯に衣着せないで語ろうという強い意志が伝わってきました。

大沢親分の『球道無頼』が、「球界のご意見番だからこそ語れる回顧本」だとしたら、
こちらは「球界の野良犬だからこそ捨て身になれた自伝本」という感じです。






  

ハマの裏番 もつ鍋屋になる』(中野渡進著/ミリオン出版刊)



ラストは、横浜の中継ぎ投手からもつ鍋屋店主へと転身した中野渡進氏による一冊です。

前の2冊に負けず劣らず、こちらも攻撃的で反権力なノリなのですが、
一方で同書ならではの見どころもたくさんあります。


この本は、言うなればグラゼニ 無頼派バージョン』。


超一流になれなかったプロ野球選手の悲喜こもごもが詰まっています。


中野渡氏は社会人野球を経て1999年、ドラフト7位で横浜ベイスターズに入団。
2年目の2001年シーズンこそ中継ぎとして63試合に登板するも、翌年に右ヒジを故障。
2003年には解雇されてしまいました。

幼い頃から野球にまみれ、プロ野球選手にまで登り詰めながら、
思い半ばでマウンドをあとにした投手……。

その半生を、己に陶酔することなく、
独特の〝ナカノワタリ節〟で痛快に語ってくれています。


また、「登場する人物たちに体温を感じる」というのも、この本の魅力の1つです。

谷繁元信、小宮山悟、野村弘樹ら横浜ベイスターズの先輩陣、
同じ中継ぎとして苦楽を共にした木塚敦志、高校時代の恩師・横井人輝などなど。

中野渡氏が語る野球人たちは、みんな生々しく、血が通っています。

その人たちのことを中野渡氏は大好きで、
相手も中野渡さんのことを愛しているんだなー、
ということが読めば読むほど伝わってきます。


本を出す元プロ野球選手というのは、そもそも球史に足跡を残すような名選手がほとんど。
内容も、多くは周囲のイメージに配慮されたものになっています。

そういう意味において、本書はその存在自体が特殊な一冊と言えるでしょう。





  

映画『探偵はBARにいる』を観た。



映画『探偵はBARにいる



えー、ツクイヨシヒサと言えば、
「私立探偵モノ」に目がないことで、つとに知られてますが…………あぁ、ご存じない?

では、少し長くなりますけど説明のほう…………は長くなるから、今日はいらない?


本題は、映画『探偵はBARにいる』を観てきたよ、であります。


札幌ススキノを根城にする探偵の話なんですが、
想像していた以上に「ザ・私立探偵」という内容でした。


歓楽街、カウンターバー、酒、煙草、暴力、そして美しい依頼人。

奇を衒ったところはほとんどなく、よくも悪くもスタンダード&オーソドックス。
ハードボイルドを観に行って、ハードボイルドが待っている、という感じでした。



こういうのも、やっぱり必要ですよ。
安心してお金が払える映画っていうか。
何となくシリーズ化しそうな空気だったので、次作もあればいいですね。


ちなみにオレは今、原作シリーズを読んでいます。
映画より、さらに「ザ・私立探偵」な雰囲気です。



   
tsu-c2-2



   
【 ツクイヨシヒサ 】


マンガ評論家&ライター。1975年生まれ。書籍、雑誌、ムック、インターネットなどで活動。

●ツイッターはこちら↓ https://twitter.com/tukui88

●執筆・取材・講演依頼等のお問い合わせは、下記の【メッセージ】フォームよりお気軽にどうぞ。ご意見・ご感想もお待ちしています。

●著書「あだち充は世阿弥である。──秘すれば花、『タッチ』世代の恋愛論」(飛鳥新社)発売中。

  


●編著「ラストイニング 勝利の21か条 ─彩珠学院 甲子園までの軌跡─ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)」(小学館)発売中。

  


メッセージ

名前
メール
本文