ツクイヨシヒサの「必筆!仕事人」

マンガ評論家&ライターのツクイヨシヒサによるブログです。酸っぱいブドウの酸っぱさについて、主に語っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

あだち充関連

なぜ「タッチ」のダ・ヴィンチニュースは叩かれるのか?


中身があまりにヒドすぎて「声も出ないわ」と話題になっている「ダ・ヴィンチニュース」の
「『タッチ』のタイトルの由来にファン衝撃『驚きすぎて声も出ないわ(呆然)』」という記事。

いったいどこがヒドイのか、テキトーに検証してみます。


tdv-1

tdv-2

※画像は2016年10月22日(土)18時00分付で、ダ・ヴィンチニュース発として、ヤフーニュースに取り上げられた記事の画面写真です。


【この記事がヒドイ!①】
上杉達也と和也を間違える


文中でいきなり目を奪われるのが、

「なんで『タッチ』で上杉達也を殺したの?」というド直球な質問から始まって……

というくだりです。


「達也」と「和也」の名前をナチュラルに間違えるという、ド直球なミス。
なかなかの剛腕です。


しかしまあ、こういう単純な誤植を見つけて、鬼の首を取ったように喜ぶのはいけません。誰にでも間違いはあるのです。



【この記事がヒドイ!②】
浅倉南の名前を間違える


達也と和也が「オレがアイツで、アイツがオレで」と入れ替わるなか、ヒロインが登場します。

朝倉南の夢を叶えるため甲子園を目指すのだが……




「浅倉南」です。

「朝倉」じゃありません。

執筆者の方は、冒頭で『タッチ』のことを「スポーツマンガの不動の名作」「誰もが知っている同作」と讃えているわりには、どうも記憶がボンヤリしているみたいですね。


メインキャラが達也と和也と南しかいないのに、
全員ふんわりと間違えるというのは、かなり高度なテクニックです。
意外に技巧派です。


作品名称の由来を記事にされるぐらいですから、執筆者の方はご存じなのだと思いますが、
主人公が戦国武将の「上杉」を冠しているのに対し、
ヒロインのほうは、織田信長に対抗した「浅井・朝倉」の連合軍からとって、「浅倉」南です。



【この記事がヒドイ!③】
タイトルの由来が、別に衝撃でも驚愕でもない


今回の記事について、表記や内容の細かい点(ホントは細かくも何ともないけど)がツッコまれるのは、そもそも「タイトルの由来なんて衝撃でも何でもないから!」という、
壮大なツッコミを多くのファンが共有しているからです。


『タッチ』が「バトンタッチ」なんていうのは、
それこそ Wiki あたりにも堂々と書いてあるわけで、
「今さら記事にするか!?」「ヤフーニュースほかの転載先も少しは考えろよ!」と思われるのはやむを得ないところではないでしょうか。


っていうか、
じゃあ、どんな由来だと思っていたんだよ?


記事のなかでは、

天地がひっくり返るような事実


とか言ってますけど、

むしろひっくり返る前の事実のほうを個人的には教えてもらいたいです



つまり、もともと記事の切り口や組み立て方が恣意的であり、「ホントに『タッチ』に興味がある人間が書いたのか!?」という疑念をかき立てるつくりになっちゃっているわけですよ。



【この記事がヒドイ!④】
気になり出したらキリがない


そうなってくると、些末な部分まで疑いたくなってしまうのが、おろかな人間の性です。ゲスのカン繰りというヤツです。

記事内では、「ファンに衝撃が〜」とか言っていますが、
そのファンがいったい誰なのかについて、まったく触れていません。

ツイッターを適当に検索した結果なのか、執筆者が周囲と雑談したまとめなのか、それともコアなあだち充ファンの集会にでも参加したのか。
具体的に誰にとって衝撃だったのかは、今回の記事を成立させる根幹要素だと思うのですが、なぜ明記を避けるのでしょうか?


締めの一文も気になって仕方ないです。


ここから話は盛り上がっていくため、あだちの描いたとおり見事にバトンタッチできたのかもしれない。


……
見事にバトンタッチできたのかもしれない。


……
できたのかもしれない。





どっちだよっ!

なに、「できたのかもしれない」って?!

バトンタッチできたと思っているの? それとも、できなかったと思っているの?

「ここから話が盛り上がっていく」って言うなら、成功じゃないの!?
もし見事にバトンタッチできていなかったら、盛り上がらなかったんじゃないの!?



……とかね。



ネットニュースが大変なのは、僕もわかっているつもりですけど、
こういうのって「ダ・ヴィンチ」編集部も本意じゃないでしょう。

もちろん、あだち先生や「タッチ」が話題になるのはうれしいことだし、
もっとみんなが喜べるような、良い感じにならないものかなー。



あだち充・読切「フルカウント」

 sperior1416.jpg


『ビッグコミックスペリオール』(小学館刊)の2014年8月8日号に、
あだち充・読切「フルカウント」が掲載されました。


 superior1313.jpg

昨年6月に↑「リリーフ」を発表して以来、約1年ぶりのスペリオール登場です。



今作「フルカウント」では、母校・星加高校野球部が甲子園出場をかけた決勝当日、
野球部の元マネージャー・北川久美子と、元部員・本間の2人が遭遇した事件が描かれます。

あだち作品には珍しく、シリアスなお金の問題が絡んだストーリーになっており、
野球&恋愛に加え、サスペンス風のドキドキ感が盛り込まれています。

ただ、そこはあだち作品ですから、読後が陰鬱な方向には進みません。安心してください。


むしろ見どころは、スパゲッティ です。

また、スパゲッティ なのか、あだち充!
なぜ、スパゲッティ なのか、あだち充!
ダメなのか、パスタ じゃ、あだち充!

なのであります。



   

あだち充『MIX』第3話&第4話

 


『ゲッサン』にて連載中の あだち充『MIX』第3話&第4話のまとめです。

第3話の終わりに、ストーリー上で大きなカギになりそうなアイテムが出てきました。

明青学園の背番号「1」のユニフォームです。

このユニフォームは投馬の家にある納戸から出てきたのですが、
同じ回で投馬の父親は明青学園野球部のOBではあるものの、
当時の背番号は「12」であったことが語られています。


 mix2.jpg


つまり、投馬は別の誰かの息子である、という可能性が示されたわけです。

明青学園の背番号「1」を付けていた人物で、
息子がこの顔ということは…………いやいや、まさか。ねえ。




─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・

第4話まで読み進めた全体の感想としては、

「あだち充があだちマンガを意識的にトレースしている」

という印象をとても受けます。


自ら進んで作品を〝テンプレ化〟しているというか。


「犬の名前がパンチ」(テンプレ1)、「両親の夫婦仲が円満」(テンプレ2)など、
設定上のお約束はいつも通りとして、
「ヒロインがスパゲッティを作ってくれる」(テンプレ3)、
「放課後、お好み焼きを食べて帰る」(テンプレ4)、

など、今回は作中の細かい部分まで
わざわざ「マンネリに見える」描き方をしている気がします。


果たして、このまま「ザ・あだち充」を描き続けるのか、
それともファンの予想を裏切る「ビッグ・サプライズ」を用意しているのか。

第5話以降を待ちたいと思います。



   

あだち充・新連載『MIX』続報

 


『ゲッサン』2012年7月号が発売し、あだち充『MIX』の第2話が掲載されています。


ちなみに、連載スタートとなった先月号は、予想を上回る人気で↓急遽増刷。

●「あだち充新連載の反響でゲッサン売り切れ続出、重版が決定」
 (http://natalie.mu/comic/news/69441)


その勢いを受け、今号は第2話のみならず、第1話まで再掲載するという入れ込みよう。
しかも、その第1話を『週刊少年サンデー』28号にまで載せてしまう↓という破格の扱いです。

●ゲッサン :あだち充新作人気で異例の再掲載
 (http://mantan-web.jp/2012/06/11/20120610dog00m200038000c.html)



まさに、

「〝あだち充〟強し」「〝タッチ人気〟衰えず」

という印象を世間に植え付けた恰好になりました。


─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・


さて気になる第2話ですが、今回で作品の概要がだいぶわかってきました。

まず、第1話を読んだときに予想した通り、
3人の兄妹はともに再婚した両親の連れ子でありました。

mix2.jpg

↑ 投馬は父親の連れ子。


mix3.jpg mix4.jpg

↑ 走一郎と音美は母親の連れ子。


同年同月同日生まれであるものの、
走一郎のほうが母子手帳の誕生記録が10分早いため、投馬の義兄という設定です。

お互いの親は、走一郎と投馬が6歳、音美が5歳のときに再婚しました。


それともう1つ、音美が吹奏楽部であることも判明しました。

今作のヒロインは、ブラスバンドとして主人公たちとともに甲子園を目指すわけです。



なお、名前と立ち位置の関係ですが、
「投馬」=ピッチャー
「音美」=吹奏楽部

なので、素直な流れでいくと

「走一郎」=俊足ランナー
ということになります。

「韋駄天捕手」というのは、確かにこれまでの野球マンガでは見かけなかったかも。




   

あだち充・新連載『MIX』開始

mix1.jpg


『ゲッサン』(小学館刊)2012年6月号が発売となり、
あだち充の新連載『MIX』の具体的な内容が明らかになりました。


舞台は、事前からの告知通り〝明青学園〟。

主人公たちは、まだ中等部に通っているという設定です。




気になるのは、やはり
表紙に掲載されている3人のキャラクターです。



男のコが2人に、女のコが1人。

しかも、男のコ2人は「運命の兄弟」あることが(予告のキャッチコピーから)判明済み。


……コレはもう、完璧に〝平成版『タッチ』〟じゃないかっ!?


誰もがそう思ってページをめくった次の瞬間、物語の中に
あるイレギュラーな要素が混じっていることに気づかされます。


とりあえず、第一話で明かされた彼らの名前と年齢をご紹介しておきましょう。


mix2.jpg

立花投馬(たちばな とうま)/13歳

ピッチャーとしてスゴイ才能を持ちながらも、チーム事情によりサードを守る。
まあでも、名前に「投」って入っちゃってるからね……。


mix3.jpg

立花走一郎(たちばな そういちろう)/13歳

表紙の恰好から一目瞭然、優秀なキャッチャーです。
ルックスも言動も、かなりクールな感じ。


mix4.jpg

立花音美(たちばな おとみ)/12歳

明青学園中等部への入学式を翌日に控えた、本作の(たぶん)メインヒロイン。
第一話の最後で、「オン」という鳴き声を発する犬を近所からもらってくる。



というわけで、

「十中八九、幼なじみに違いねー!」

と思われた3人は、なんと

同じ名字を持つ〝兄妹〟なのでした!!


さらに、同年同月同日に生まれたにもかかわらず、

投馬と走一郎の2人は「双子ではない」

という事実も、第一話の中で明かされています。


こうした彼らの関係性のナゾは、両親の音美への呼び方にカギが隠されていると思います。

母・真弓が「音美」と呼んでいるのに対し、
父・英介は「音美ちゃん」と「ちゃん付け」をしています。

つまり、音美に対する2人の距離感が一定ではないのです。


おそらく音美は、投馬あるいは走一郎とは血がつながっておらず、
投馬あるいは走一郎は、父親の連れ子なのでしょう。


前回のエントリーで様々な憶測を巡らせたタイトルの意味ですが、どうやら

兄妹(主役とヒロイン)が『MIX』された家族の物語、

ということのようです。


う〜ん、そう来たかー。




   
tsu-c2-2



   
【 ツクイヨシヒサ 】


マンガ評論家&ライター。1975年生まれ。書籍、雑誌、ムック、インターネットなどで活動。

●ツイッターはこちら↓ https://twitter.com/tukui88

●執筆・取材・講演依頼等のお問い合わせは、下記の【メッセージ】フォームよりお気軽にどうぞ。ご意見・ご感想もお待ちしています。

●著書「あだち充は世阿弥である。──秘すれば花、『タッチ』世代の恋愛論」(飛鳥新社)発売中。

  


●編著「ラストイニング 勝利の21か条 ─彩珠学院 甲子園までの軌跡─ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)」(小学館)発売中。

  


メッセージ

名前
メール
本文